FC2ブログ
出産前と入院中の話
1/16(水)までは「まだまだ産まれそうにないなー」って思ってたんだけど、後で考えると何か感じていたのかな?と思うのは、前日の1/17(木)のこと。

家の掃除を「面倒くさいなー」と思っていたのに、木曜日に限って「どうしても今日中に掃除しなきゃ」てな気分になって家中の掃除機をかけたこと。
それと、一週か二週に一度くらいしかあげない観葉植物の水やりも「今日はあげなきゃ」と思って水をやったこと。
それから、金曜日に検診に行ってその後母と一緒に買い物に行く予定だったんだけど、その話をしていて何気なく、
「明日の検診の後に無事に帰ってこれたら出かけようねー」
なんて台詞がでてきたこと。

金曜日は無事じゃいられないことを予感していたみたい。
「なんとなく」の勘って結構侮れないもんだわーなんて思いました。


それで、我が家2人目のチビ(出生届は出したけど、ネット上の仮名はまだ未定・・・)が、予定日より約1週間早く産まれたんですが、風邪が一応治まったというか、とりあえず咳が治まった後でよかったです。
分娩台の上で咳込んでたら苦しさ倍増だもんね。
それとも、咳のせいで腹圧がかかってたから早めに出てきたのかな?
でもまあ2人目は早く産まれることが多いって言うし、何がきっかけになったのかはわからないけど。


検診のときに「1月の出産予定は多いよー」と聞いていたけど本当に多いらしく、毎晩夜中に「ピンポーン」とチャイムがなって誰かが来て、毎日陣痛室には誰かがいて、誰かが退院していくとすぐにその部屋に次の人が入って、毎日ほぼ満床状態でした。(個室16~7部屋の個人病院)
入院する部屋がないなんて状態じゃなくてよかったわぁ。


入院中は家事も杏の世話もなく、食事は用意されるし洗濯もしてくれるし、自分の体のこととチビの相手だけしていればよかったから、ホンットーーに楽チンおんぷ。でした。

退院してからの話は、また・・・




続きは陣痛の経緯。
コレ、自分の覚え(?)で書いたから他の人が読んでもおもしろくないかも・・・
AM0:30
  一度寝付いたのに、夜中にフト目が覚める。
  最近膀胱が押されて夜中に一度は目が覚めるからいつものことかと思うけれど
  なんとなく様子が違う。腰に鈍痛が・・・これはもしかして・・・・・・

  でももしかして前駆陣痛かもしれないし、寝られるものなら腰の痛みを無視して
  寝てみようかと思うけれど、どうも寝られるような痛みではなく。
  時間を計ってみると間隔は10分切れてるくらい。

AM1:30
  とりあえず旦那に「陣痛きたかも。しばらく様子みるから」と言って起きだしてみる。
  痛みの間隔を計りながら合間をぬって洗濯、杏の保育園支度、入院準備の再チェック
  等をする。
  ただ痛みに耐えてるよりも何かしてたほうが気が紛れるし。

AM3:30
  間隔は7~10分。
  「経産婦さんだから早めに(病院に)来てね」と言われたことを思い出して、ちょっと
  早いかもと思うけれど病院に行くことにする。
  実家にTELすると母がすぐに来てくれて、寝ている杏をそのままお願いし、病院にも
  TELをしてから旦那に車を出してもらって、「今回は満月じゃなかったなー」などと
  思いながら病院へ向かう。(杏のときは綺麗な満月で、「満月の大潮に引かれて
  出てきたのかなー」と思いながら病院に行ったので、今回も満月あたりにクルの
  かと思ってたんだけど。)
  4:00には病院に到着。近いってありがたい。

AM4:00
  とりあえず内診。
  子宮口は4,5cm開いているとのこと。まだ時間がかかるのかな。
  分娩監視装置をお腹に巻いて計測すると、陣痛の間隔は5~6分というところ。
  陣痛の波がきて自分で腰をさすっていると旦那も一緒になってさすってくれた。
  お腹が、というよりもとにかく腰が痛い。
  「どこらへんがどんな風に痛い?」というから「シッポのところが痛い。シッポが
  生えてきそう」と言ったら「そういえば前回も同じこと言ってたなー」って笑われた。
  そうだっけ?覚えてないや。てゆーか笑ってる場合じゃないっつーの。

AM7:00
  隣の陣痛室にいた人の出産が済んだらしく、子宮口も8cmくらいになったので
  「ちょっと早いけど準備しておこうか」と言われて分娩室へ。

  ── あとで聞いた話だけど、隣にいた人は初産婦さんだったということで
  「経産婦さんの(子宮口)5cmと初産婦さんの8cmってどっちが先に来るか
  わからないんだよね。どっちに先に準備してもらおうかちょっと迷ったよ」との話。
  私が子宮口5cm以後の進み方が予想以上に遅かったということか・・・ ──

  陣痛の波は大きくて規則的にくるんだけど、5分間隔くらいのままなかなか縮まら
  ない。
  「経産婦さんだから一気にくるかと思って早めに分娩台に乗ってもらったんだけど、
  まだ産めないよね。ごめんね。でもこの間隔で8cmも子宮口が開くってすごいよ」と
  助産師さんに言われる。
  間隔は縮まらないし、でも1回の波は大きいし、だけど分娩台の上だから腰を
  さすってもらうこともできないし体制も変えられない。
  おまけにまた過呼吸になって手足や顔が痺れるし。(前回もなった)
  この間が結構辛かった。

  とはいえ、5分間隔というのは実際の話結構余裕で、波が来てるときはかなり辛いん
  だけど、波がおさまると息を付く時間が十分ある。これじゃ産めないんだよね。
  いきみたい感じも来てないし・・・

AM8:45
  分娩台のうえでしばらく放置されて、波にあわせて痛みに耐えていると突然
  「パンッ!」という音がして破水。同時にお腹と腰に強烈な痛み。
  破水の時って本当にパン!って音がするのねぇ。
  付き添っていた旦那に助産師さんを呼んでもらい、内診をしてもらうと「もう、すぐ
  そこまで降りてきてるよ!」とのこと。
  ここで「いきんでいいよ」と言われたので終わりが見えた感じでかなり気が楽になる。

AM9:00
  最後ぎりぎりのところで先生登場。
  破水してからは早かった。
  陣痛の波もほぼ合間なく来るし、波に合わせて2,3回いきんだら「もういきま
  なくていいよ」と言われて、ほどなくして元気な泣き声が聞こえた。
  へその緒を肩にかけていたらしく頭は出たけど体がすんなり出てこなくて吸引を
  したそうだ。

  2696g 46cm  ちょっと小ぶりだけど元気な男の子が誕生。


最後の15分は気が遠くなるほど大変だったけど、それがたったの15分だったっていうのは大安産って言えるんじゃないかな。

出産後1時間くらいは分娩台の上で、点滴で子宮収縮の薬を入れながら安静です。
で、1時間後に病室に移る時に看護士さんがお腹の上から子宮を押さえて「あ、よく収縮してるね。もう薬いらないか。捨てちゃおう」ってまだ薬が残ってたのに針を抜かれるし、病室までは一応車椅子で移動をするんだけど、病室に行ってから手を借りずに自分で車椅子からベッドに移動をしたら「ぴんぴんしてるじゃん」と言われるし、本当は病室に行ってからも6時間程度安静でベッドから降りちゃいけないって言われたんだけど(トイレも不可、食事もナースコールで下膳してもらう)、3時間後くらいに「トイレに行きたいんですけどー」って言ったら出血の様子を確認されて「歩けそうなら自分で行ってもいいよ」と言われるし、どれもこれも安産のおかげね、きっと。


ちなみに性別の話。
周りの予想は9割方「女の子」で、自分では特に予想はしてなかったんだけど頭のどこかで「女の子かなー」という気持ちがあったらしく、旦那に「男の子だよ」と言われたときに「ウソッ!?」だか「マジ!?」だか、そんな台詞を口走ったような気がする・・・。
ムスコ、ごめん。
スポンサーサイト



[2008/01/26 16:37] | 出産 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<おねえちゃんの心情 | ホーム | うーまーれーたー!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bluewindom.blog75.fc2.com/tb.php/85-cca9eae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
珍獣育成日記


上が女の子、下が男の子。お出かけ大好き家族です♪

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

おーみ

Author:おーみ
珍獣1: 杏
    2005.3生まれ
    女児 B型 
    面倒見のいいお姉ちゃん
珍獣2: 柊
    2008.1生まれ
    男児 B型
    イヤイヤ期真っ盛りのワガママボーズ

いくつになったの


最近の記事

カテゴリー一覧

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する