FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ココロの成長
たかだか10日ほど冬休みをしていたら、保育園の先生に「柊くんはまたよく喋るようになったねー。ちゃんと会話が成り立つもん」と言わるようになった柊。
杏が父に抱っこしていて、自分が抱っこしてほしいときに「ボク、とーちゃん、抱っこしゅる。ねーね、ここ(床)すわって!」とエラソーに命令するほどよく口が回るようになりました。

小走りもそれなりにサマになって、ちょっと前までは“競歩”状態だったけど、最近はちょっぴり足が床から浮くようになってきました。
杏の真似をして「くるりんぱ」(親の手を持って、膝を使っての前転)もやりたがるし(できないけど)、でんぐり返りはちょっとできそうな感じになってきたし(でも横倒しになるけど)、運動能力的にも伸びてきている時期です。


で、お正月に、ココロも成長してるなーと思える出来事がありました。

私が親戚の赤ちゃん(生後3ヶ月)を抱っこしていたら、柊が寄ってきて
「かーちゃん、だっこー」
と言うから、
「かーちゃんは今赤ちゃん抱っこしてるからだめー」
と言ったら、泣きそうな顔をしてもう一度
「かぁちゃん、だっこー」
と言ったけど、あえて
「だめー」
と返してみたら、口をへの字にして泣きそうな顔で、でも泣かないで一生懸命耐えてて、そしたら杏が横から
「ねーねのとこおいで」
と言ってくれて、ねーねにがばっとしがみついて「う~~」って言ってたの。

なんかすごい「美しき姉弟愛」って感じでいい図でした。

杏が私の膝に入ってたりするときは容赦なく力づくで押しのけにくるのに、相手が小さい子だと無理矢理押しのけちゃいけないなって思ったんだね。
保育園で小さい子とも関わってるからなのか、本能なのか、ちゃんとそういうことわかってるんだね。
それで我慢ができるってすごいことだと思いました。ちゃんと成長してるなぁ。

杏も絶妙のタイミングで声をかけてくれたから「ねーねが柊に優しくしてくれるから、柊も小さい子に優しくできるんだよね」といって杏も褒めてあげました。


もうちょっとで柊は2歳。まだまだこれからの成長が楽しみです。
スポンサーサイト
[2010/01/08 22:08] | 柊のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<白馬五竜 | ホーム | 年は明けたけど、その後の話。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bluewindom.blog75.fc2.com/tb.php/194-e3e0f8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
珍獣育成日記


上が女の子、下が男の子。お出かけ大好き家族です♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

おーみ

Author:おーみ
珍獣1: 杏
    2005.3生まれ
    女児 B型 
    面倒見のいいお姉ちゃん
珍獣2: 柊
    2008.1生まれ
    男児 B型
    イヤイヤ期真っ盛りのワガママボーズ

いくつになったの


最近の記事

カテゴリー一覧

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。