FC2ブログ
スキーin栂池高原
栂池高原の鐘の鳴る丘ゲレンデといえば、超・緩斜面でスキースクールに最適なゲレンデ
…というわけで今回の目的は、3歳になった柊にスキーを履かせること!

こんな感じになりました。
スキーin栂池

杏と同じ「3歳で初スキー」とは言っても、
3月生まれの杏は「3歳10ヶ月で初スキー」
で、
1月生まれの柊は「3歳0か月で初スキー」 
なわけで。

この10か月の違いは大きい。

とは言っても、イッチョマエの格好をしてスキーを履かせてみれば、本人も意外とノリノリでした。杏が初めて履いた時よりも怖がらなかったかも。

スキーを履いた柊を股の間に挟んで中腰で(←親がかなりキツイ体制)滑ってみたら、ニコニコしてVサインをしてたり、そこそこスピードを出してみてもキャッキャ言ってはしゃいでたり、結構イケイケでした。
ま、10か月の差はやんちゃ度合でカバーしてもらいましょうかね。


スキーはある程度脚力がないと一人で滑ることはできないので、スキーブーツだけなら歩けるけど板をつけると歩けない柊はまだ一人では滑れないかな。
まぁ今年はちょっと履くだけ履かせておいて、来年になったらスクールでも放り込んでみようかな。
もう鐘の鳴る丘あたりの初級コースなら放置でOKの杏も、「もっと上手になりたいからまたスキーの学校入る!」と言ってるし、2人まとめてスクールに放り込んでみようかな。
自分も今まで自己流でやってきてちゃんと習ったことがないから、子供が手が離れたらスクールに入ってみたいんだけどな。

…夢は膨らみますが、体力がついて行かなくならないように、体力づくりしておかないと(^^;
スポンサーサイト



[2011/02/14 08:08] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
1/30 ひるがの高原
初めてのひるがの高原!
・・・だったんですが、朝から豪雪。風はないものの大雪が降ってました。
でも杏が「やる!」と言うし(←スキーバカの血筋・・・)。
準備をして滑り出す頃には時折晴れ間も出るくらいの天気になってきました。

その後も、時々大雪が降ってくると休憩をとって、天気が回復するとまた滑って、という繰り返しでしたが、新雪がガンガン降ってるのでゲレンデコンディションは良好。
ひるがの高原のゲレンデは広い一枚バーンで麓から全部が見渡せて、それほど距離は長くないし緩斜面が多くて、ファミリーにはうってつけな感じでした。

柊も今回はイケイケで、雪の降りしきる中ひるみもせず、駐車場の隅で雪山に登ったりそりに雪玉を積んだりと楽しんでいました。

朝からがっつり遊んでお昼過ぎには子供たちが疲れたし・・・近くの牧歌の里の温泉(http://www.bokka.co.jp/spa.html)に入って体も温まり、さあ帰ろう、と東海北陸道に乗った午後3時。ここからが長い旅でした。



ひるがの高原SAのスマートICから乗って一区間。
高鷲ICあたりで渋滞が始まり・・・「この辺はスキー場が多いから高鷲から乗ってくる人が多いし、渋滞はしょうがないね」なんて言っていたのも束の間、完全に停まってぴくりとも動かなくなってしまいました。
携帯で情報を調べるとこの先で事故とのこと。

その後、交通整理の人が出てなんとかICからおろしてもらえたものの、何せ自動車道が通行止めになってるから下道が大渋滞。
結局、家まで帰りついたのは10時間かかって午前1時過ぎでした。

事故による通行止めは3時間半程度で解除されたらしいので、そのまま本線上にいたほうが結局は早く帰りつけたかもしれません。
けど、通行止めの間携帯で得られる情報は「現在事故の事後処理中です。通行止め解除のめどは立っておりません」となってるから、気分的に本線上でのんきに待っていられないよね。

渋滞中何が一番ハラハラしたかって、子供たちがいつ「トイレ」と言い出すかってこと。
万一のため車に携帯トイレを常備してあるので(災害とかでも使えます、ってやつ)、それを組み立てていつでも使えるようにスタンバってはいたけど、使うことにならずにちょうど立ち寄れるトイレがあって、本当に良かったです。
子供たちもあの大渋滞の中、ぐずらずにおとなしく車に乗っていてくれて助かりました。こういうとき、車でテレビが見られるのはいい時間つぶしになっていいよね。
自分たちも携帯で情報チェックできるから、何もわからずイライラしてるよりはマシだったかなと思います。


それにしても大変な目に遭いました。
雪がひどくて道路は真っ白だったけど、日曜日でスキーに行った人の車も多く、加えて事故があったのが片側一車線道路のトンネル内だったので、上下線とも完全に通行止めになっちゃって渋滞は最悪の状態になったように思います。
白鳥IC以降は片側2車線になってるから、高鷲以北にはあまりいかないほうがいいかも・・・と今回の教訓から思ってしまいます。
ひるがの高原スキー場は良かったですけどね。率直な感想。

これでまた来週スキーに行く予定です。
懲りない奴・・・(^^;
[2011/01/31 12:14] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
1/4-5めいほうスキー場
今シーズン初滑りです!

年末に西のほうで大雪が降った影響で、今年は岐阜がなかなかイイカンジ。
ということで、めいほうスキー場(初)に行ってきました。

何せ初めてでアクセスもコースもわからないけど、HPを見ると初級コースが多めでまぁ良さそうな感じ。
天気も上々でテンションも

去年そこそこ滑れるようになった杏(現在5歳)ですが、なんといっても去年のシーズン終了から9ヶ月のブランク。
また一度スクールに入れたほうがいいか・・・?なんて親の思惑を見事に外し、最初1本目の半分くらいまでは「止まり方がわかんない~ハの字ってどうやるんだっけ~~」なんて言ってたもののすぐに思い出したようでガンガン滑ってました



柊(2歳)jはまださすがに滑れないので、親は交代で一人は柊の雪遊びの相手(でも自分で雪の上を歩いたり雪山に上ったりできるようになっただけラクになった!)、もう一人は杏のスキーの相手、って感じだったから実質私は杏の半分しか滑ってないはずなんだけど、次の日見事に筋肉痛。
杏はケロリ。「まだまだ滑れる!」って満面の笑顔でした。子供ってスゴイ。
それにしても杏のスキー好きは立派な「スキーバカ」の部類。ま、親がコレだからね。バカはしょーがないか(^^;
柊も早く自分で滑れるようになってほしいけど、自分も真面目に鍛えないとあっというまに置いていかれそう。そもそも子供(若者)に張り合おうなんて所詮無謀なのかもしれないけど・・・

長野のほうは雪が少なめらしいので、もっと降れ降れ~~!!
[2011/01/07 06:03] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
またまた、スキー
今シーズン5回目のスキーに行ってきました。

今回の行先はおんたけ2240
数年前にちょっと事故があって、その後どうかな・・・と思っていたのですが、それなりに混んでいました。
前回行ったしらかば2in1のほうが空いてたな。


天気は晴天風もなく雪質も上々。最高のコンディションでした

「かーちゃんおんぶしゅるー」といっていた柊は、リフトに乗っている間珍しく上機嫌。
クワッド(4人乗り)があったので、みんな一緒に乗ったら「とーちゃん、いっちょ(一緒)ねー。ねーね、いるねー。ゆきいっぱいねー」と背中でピコピコ跳ねながらご機嫌でした。
滑り出してからも「しゅるしゅるー、たのちー」と言っていたんだけど、ほんの一瞬(1ターンの間くらいか?)静かになったと思ったら、こてん・・・と。
覗き込んだ旦那が「こいつ、寝てる!」と・・・
だってさっきまでご機嫌で背中で歌ってたじゃん。
ご機嫌でぴこぴこ跳ねてたじゃん。
寝るの、早すぎ(≧▽≦)彡☆ギャハハ

それからは、下山するまでまったく起きず。
車まで戻って、おぶっていたのを下ろしたら目を覚まして「ちゅかれたねー」と言うからまた大笑い。
きみは何にも疲れることしてないじゃーん


結局柊は「もう一回おんぶで行く?」といっても首を横に振るので、旦那と交代で一人は杏と一緒に滑り、一人は柊の子守をしてました。
でも柊も珍しく雪の上を歩いたり(今まではひたすら「抱っこー抱っこー」ばかりだった。)雪に触ってみたりしてそれなりに楽しめたようです。

だんだん雪質も悪くなってくるし、あと1~2回は行きたいところだけどなんだかんだと忙しいし、そろそろ今シーズンは終わりかな。


一つだけ残念だったのが、ちょっと嫌なもんに会ったということ・・・
続きを読む
[2010/02/23 12:17] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
スキーバカ
今シーズン初回にスクールに放り込んでみた杏ですが・・・

その後2回。
ドンドン上達してます。


初級コースならホントにすいすい。リフトの乗り降りもとっても上手になりました。
スピードが出るのも楽しくなってきたらしく、ちょっと板を揃えてみたり、スピードが出てくるとボーゲンにしてスピードコントロールしたり。上手いもん。

先週末行ったしらかば2in1ではなんちゃってスラロームみたいなのがあって、ボーゲンで楽しそうにスラロームやってました。
「どうやって曲がってるの?」と聞くと「こっちに行こうかなーと思うと行ける」と・・・
子供の能力ってホントすごい。頭で考えてやるんじゃなくて、感覚で滑っちゃうんだもんね。羨ましいなぁ。



そういえば話は違うけど、杏は最近縄跳びもすごく上手になってびっくりしました。

体操教室で先生が「縄跳び10回続けてできたらシール貼るねー」と言ったので、ついこの間(2週間前くらい)まで1回ずつ跳んでいた杏には連続跳びは無理だろーと思ってたら易々と10回クリアして15回もクリア。(それ以上は先生の「はいヨーシ!」で止められた。)
「いつの間に跳べるようになったの!?」と聞いたら「保育園でやってるからできるよぉ」とのこと。

ちょうど運動能力が発達する時期なのかもしれません。
で、できるようになると楽しくてもっと練習するからどんどん上手になっていくんだろうね。



スキーも上手くなってくると楽しいらしく、「またスキー行くよ」というと「イェーイイェーイ!」と飛び上がって大喜び、スキー場に行っても朝からハイテンションでガンガン滑ってます。
杏もスキーバカになりつつあるらしい。


柊にもスキーの楽しさを体験させねば~ということで、ここ2回は柊を抱っこ&おんぶで滑ってみました。
最初1本目は「しゅるしゅる~、ハヤクハヤク~、たのちー」とご機嫌風なんだけど、2本目になると「こわいー、車かえるー、もうやめるー」とぐずりだす。
それでも無視して滑ってると(←!)抱っこやおんぶは気持ちいいらしく睡眠モードに・・・
で、寝ると重たくなるので休憩に入り・・・というパターン。

一眠りした後にソリまたは雪ダルマでも作って遊ぼうかと思っても「抱っこー」って全然雪に足をつけようともしない。
そういえば杏も一時期そんなことがあったっけなぁ。何もわからないうちは(0歳~1歳とか)それなりに楽しいんだけど、ちょっとモノゴトがわかってくると怖くなる。
それでまたもうちょっとモノゴトがわかってくるとまた楽しくなる・・・と思うんだけど。


早く柊も自分で滑れるようになってくれないかなぁ。
杏や柊がまともに滑れるようになるまで、自分の体力もそれなりに保っておかないと。自分が置き去りにされる日も遠くない気がします
[2010/02/10 05:43] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
白馬五竜
1月も半ばになって、やっと今シーズン初スキーに行ってきました。
行き先は白馬五竜。

当日はくらいの天気だったけど、現地の人と話をしたら今年は雪が多いから晴れ間が見えたのはすごい久しぶりとのこと。
風もなく穏やかな日で、雪はどっさりあるし雪質はいいし、絶好のスキー日和。
「いい時に来たねー」と言われました。


今回は杏をスクールに入れてみました。
去年一応何度か滑ってるけどAコース(板の履き方から教えてくれる)を選択。
たまたま同じ年代で同じコースを申し込んだ子がいなかったらしく、マンツーマンで教えてもらいました。プライベートレッスンを申し込むと4倍くらいの金額がかかるから、たまたま1人しかいなかったのは超ラッキーピンクのきらきら

とはいえ、杏の体力を考えて午前(10:00~12:00)のみ。
しかも休憩時間あり。
そんでもって板の履き方から習うんじゃ、滑るほうはそれほど上達しないかなーと、正直あんまり期待してませんでした。

でも、終了時間に指定場所まで迎えに行ったら先生について杏もボーゲンで滑ってきてびっくりえっ
それなりにサマになってるじゃん
先生曰く「まだ体が小さいから、リフトの乗り降りは手伝ってあげないと難しいけど、今度スクールに入るならBコースで十分だよ」とのこと。

午後に一緒に滑ってみて、本当に上手になっててまたまたびっくり
スピードはまだ出せないけど、初級の上レベル程度の斜面ならボーゲンで滑っていけるし、「ここで止まって」というとピタッと止まることができる。
ボーゲンは私より上手かも。←私、ボーゲンで止まれない人
それに先に滑って「こっちおいで~」というと方向を変えることもできる。(後ろから「右に曲がって」とか言うより、前で「こっちこっち」って言ったほうが曲がりやすいみたい。頭で考えて方向を変えるわけじゃなくて、本能?不思議ー)
まだ小さいし変な癖が付いてないから飲み込みが早いのかな。

去年はまだ脚力も弱かったし、教え方が下手なせいもあって「止まる」ことを身に付けさせることができなかったけど(だから紐スキー)、自分で止まれるようになればもう紐は不要。
それに親が教えてると子供も甘えが出て「こわいーできないー」とかぐずぐず言うけど、スクールならそういう甘えはないし、教え方はプロだし、やっぱスクールに入れるのが手っ取り早いなぁと感じました。
親の手抜き感は否めませんがね・・・

今シーズンにまたスクールに入れるかどうかはともかくとして、杏がこの感覚を忘れないように近々またすべりにいかなきゃ雪の結晶05*SbBlue(白-薄い背景用) †SbWebs†
[2010/01/19 06:38] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ブランシュたかやま
今シーズン3回目、で、6日目のスキー。

土曜日までは天気予報で「春の嵐」なんて言われてて、大雨・雷・強風・波浪注意報なんて出てたりしたけど、日曜日は一転快晴晴れ
前日は雪が降っていたみたいなので、なかなかいいコンディションで滑れました。

杏はまた紐スキーで。
ブランシュたかやま1
今回は柊もそりデビューできました。
ブランシュたかやま2
お姉ちゃんと一緒に滑って結構なスピードを出してたけど、意外と恐がらずに楽しんでたようです。



今回、ちょっとしたトラブルがありまして。
といってもウチが巻き込まれたわけじゃないんだけど、目撃しただけ。


リフトで、私たちが乗っていたちょっと後ろに乗っていた親子3人。
ペアリフトだから、前にお母さん、後ろにお父さんと子供で乗ってました。

「下りれない、下りれない、下りれない~~!」
という声に振り返ると、一人で乗っていたお母さんがリフトの降り口で降り損ねたらしく、リフトがUターンしかけたあたりで飛び降りたのか落ちたのか、どすん、て。
ちょうどその時リフトの係の人が雪を盛ろうとしてちょっと離れたとこにいたんだよね。
リフトはすぐに緊急停止されたんだけど、すぐ後ろに乗ってた旦那が、
「女一人で乗ってんだからもっと気ィつけろや、ボケッ。てめえ今何してた!?大怪我したらどうやって責任とってくれんだよ、エッ!?怒
ってすごい剣幕で怒って、パトロール隊まで出動する騒ぎに。

確かに、ちょっと持ち場を離れてた係員も悪いけどさ、遊んでたわけじゃないし、リフトから一人で降りられないようなド素人の嫁さんを一人で乗せたアンタにも責任あるんじゃ??
そんなに嫁さんが心配ならいっそ旦那が嫁さんと一緒にリフトに乗って、子供を一人で乗せたほうが係員ももっと注意してくれるんじゃないかな。
どっちも危ないってんなら、子供は半日くらい託児所に放り込んでおいてまずは嫁さんがせめてリフトの乗り降りくらいできるように旦那が教育しておくべきじゃない?
係員に全部面倒見てもらおうなんて虫が良くないか?なんて思っちゃったんだけど、いかがなもんでしょう??

結局その嫁さんはスノーモービルには乗らず、超ボーゲンでフラフラと自力で滑って行きましたがね。
もしあれが初スキーで初リフトだったら、もう二度とスキーはやりたくなくなるんじゃないかなー。
子連れでスキーに行くなら、子供に教えるより先に両親がとりあえず人に迷惑かけない程度にスキー慣れしておくことをオススメします。



今期はこれで終了だけど、去年ブランクがあったにしてはまぁまぁ行けたかな。
杏も挑戦できたし、柊もそりデビューしたし、満足満足音符
[2009/03/17 09:47] | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
珍獣育成日記


上が女の子、下が男の子。お出かけ大好き家族です♪

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

おーみ

Author:おーみ
珍獣1: 杏
    2005.3生まれ
    女児 B型 
    面倒見のいいお姉ちゃん
珍獣2: 柊
    2008.1生まれ
    男児 B型
    イヤイヤ期真っ盛りのワガママボーズ

いくつになったの


最近の記事

カテゴリー一覧

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する