FC2ブログ
鳳来寺山
鳳来寺山へ登ってきました。

標高684m。
標高は大したことないのですが、登山道はなかなかどうして、大変な道でした。

石段の麓から登る気はあまりなかったので、パークウェイを通って、上の駐車場まで。
11月だったらもみじ祭りをやってるんだけど、さすがに12月なので人も少なめで、もみじもすっかり枯れて散ってしまっていました。

駐車場から歩いて東照宮を目指し…たのですが、途中で「こっちに行きたい」という息子と一緒に山道に迷い込み。←普通にアスファルトの道を流れに沿って行けば東照宮に着けるのに、あえて道をそれて反対方向に行ってしまった(^^;
30分ほど登山のしなくてもいい予行練習をしつつ。

それから東照宮の横を通り、鳳来時から地図の通りぐるりと一周。
…と簡単に書いても急斜面の階段あり、胸突き八丁の岩場あり。
ナメてかかるととんでもない、れっきとした登山(ただし標高は低い)でした。

案内板で一周約2時間。
最初登り始めに梯子のような階段があったので、そこで「止めるなら今だよー」と言おうと思ったのもつかの間、ふと見たら柊がずんずん一人で先に行っちゃった。
やっぱりこのヒトは急斜面だと何かスイッチが入るらしい。
でも風が強い日だったので、歩く斜面によって全く風のないところとびゅーびゅー風が吹き付けるところがあり、風が吹くところは「もういやー。帰るー」とヘタレてぐずっていました。

道はこんなんとか
鳳来寺山4

こんなんとか
鳳来寺山1
殆どガケ。

やっと頂上
鳳来寺山3
標高低っ

頂上でおやつを食べたり休憩をしていても、2時間半くらいの工程で、殆ど予定通り。
この間、1年生の杏もだけど、3歳児の柊が歩きとおしたのはホントよく頑張って歩き通したと思います。

帰りは駐車場のそばにあった店でお団子と五平餅を食しました。



私はといえば、次の日ガッツリ筋肉痛。
次の日に出るなんてまだまだいいじゃん、と思っていたら、多分これは山登りのせいではなく、前日にやった鉄棒のせいの筋肉痛らしい気がします。
なーんだ、山登りの筋肉痛じゃないんだ。じゃあまだまだ甘いってことかね。


子供たちには大変な工程だったかもしれないけど、それなりに楽しんでいたようだし、私は行きたかった山登りに行けて大満足でした。
スポンサーサイト



[2011/12/12 12:15] | トレッキング | トラックバック(0) | コメント(2) |
なんちゃってトレッキング
最近山登りがしたくって。

…といっても流行りの山ガールを気取りたいわけではなく、本格登山をしたいわけでもないんですが。

夏休みに御岳ロープウェイに行って、その時はただ遊びに行っただけだったんだけど、ロープウェイを降りたところで柊が「もっと上に行く」と登りだし、ロープウェイ終点(六合目)から七合目まで行ったんだけど、結構黙々と歩いて一人でどんどん行っちゃって。
あ、コイツなにかスイッチ入ったな、って感じ。

じゃあせっかくチビがやる気なうちに行ってみようか、ってことで足慣らしに五竜に行ってみました。

当日は、地元の人も「ここまでいい天気なのは珍しい」と言うほどのこんな晴天。
五竜1

ゴンドラに乗って上まで(山麓から歩く気はナシ(^^;)

ゴンドラを降りたあたりです。
五竜2
もうちょっと時期が早ければこの辺りはお花畑になっていて、いろんな花があるらしいけど、もう紅葉の時期なのでお花は終わっていました。

この辺りはそこそこ道も整備されていて、冬はスキー場になるところだから開けてるんだけど、もうちょっと上ると岩がごつごつしていて両側に木が生えているような、いわゆる山道になります。
柊は、平らな辺りを歩いているときは
「もうつかれたー、かえるー、おやつたべるー」
とかぶつぶつ言ってたのに、山道になってくると黙々と登りだしどんどん先に行ってしまう状態。
あ、やっぱスイッチ入った。って感じ(笑)
険しい道のほうが向いてるのかね。

こちら、とりあえず目的地の地蔵の頭(1676m)
五竜3

実質登ったのは、ゴンドラ降り場から標高差100mくらいですかね。
この先90分で小遠見山、6時間で五竜岳山頂に行けるようですが、チビがいたら所要時間通りにはいかないし、片道90分ってことは往復3時間てことで…まぁ、またの機会に。

帰り道は上ったのとは別の道から降りるんだけど、紅葉がホントちょうど良い時期でキレイでした。
五竜4

ゴンドラ駅まで戻り、往復1時間半。足慣らしとしてはまぁまぁいいとこじゃないでしょうか。
でも後日筋肉痛にもならなかったので、もうちょっと行けるかな。


五竜や隣の八方ではパラグライダーが盛んなようで、五竜で20(単位がわからん)、八方で40くらいのパラグライダーが飛んでいました。
タンデムでお試し飛行もできるらしく、あちこちにポスターもあり。
今回は無理だったけどこれはいつかやりたい、と思いました。
[2011/10/27 05:47] | トレッキング | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
珍獣育成日記


上が女の子、下が男の子。お出かけ大好き家族です♪

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

おーみ

Author:おーみ
珍獣1: 杏
    2005.3生まれ
    女児 B型 
    面倒見のいいお姉ちゃん
珍獣2: 柊
    2008.1生まれ
    男児 B型
    イヤイヤ期真っ盛りのワガママボーズ

いくつになったの


最近の記事

カテゴリー一覧

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する