FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鳳来寺山
鳳来寺山へ登ってきました。

標高684m。
標高は大したことないのですが、登山道はなかなかどうして、大変な道でした。

石段の麓から登る気はあまりなかったので、パークウェイを通って、上の駐車場まで。
11月だったらもみじ祭りをやってるんだけど、さすがに12月なので人も少なめで、もみじもすっかり枯れて散ってしまっていました。

駐車場から歩いて東照宮を目指し…たのですが、途中で「こっちに行きたい」という息子と一緒に山道に迷い込み。←普通にアスファルトの道を流れに沿って行けば東照宮に着けるのに、あえて道をそれて反対方向に行ってしまった(^^;
30分ほど登山のしなくてもいい予行練習をしつつ。

それから東照宮の横を通り、鳳来時から地図の通りぐるりと一周。
…と簡単に書いても急斜面の階段あり、胸突き八丁の岩場あり。
ナメてかかるととんでもない、れっきとした登山(ただし標高は低い)でした。

案内板で一周約2時間。
最初登り始めに梯子のような階段があったので、そこで「止めるなら今だよー」と言おうと思ったのもつかの間、ふと見たら柊がずんずん一人で先に行っちゃった。
やっぱりこのヒトは急斜面だと何かスイッチが入るらしい。
でも風が強い日だったので、歩く斜面によって全く風のないところとびゅーびゅー風が吹き付けるところがあり、風が吹くところは「もういやー。帰るー」とヘタレてぐずっていました。

道はこんなんとか
鳳来寺山4

こんなんとか
鳳来寺山1
殆どガケ。

やっと頂上
鳳来寺山3
標高低っ

頂上でおやつを食べたり休憩をしていても、2時間半くらいの工程で、殆ど予定通り。
この間、1年生の杏もだけど、3歳児の柊が歩きとおしたのはホントよく頑張って歩き通したと思います。

帰りは駐車場のそばにあった店でお団子と五平餅を食しました。



私はといえば、次の日ガッツリ筋肉痛。
次の日に出るなんてまだまだいいじゃん、と思っていたら、多分これは山登りのせいではなく、前日にやった鉄棒のせいの筋肉痛らしい気がします。
なーんだ、山登りの筋肉痛じゃないんだ。じゃあまだまだ甘いってことかね。


子供たちには大変な工程だったかもしれないけど、それなりに楽しんでいたようだし、私は行きたかった山登りに行けて大満足でした。
スポンサーサイト
[2011/12/12 12:15] | トレッキング | トラックバック(0) | コメント(2) |
オトナの階段
杏、初めて乳歯が抜けました。

奥歯の永久歯は既に生えてるんだけど、まわりがどんどん生え変わっていく中で、なかなか乳歯が抜けなかった杏。
「誕生日が遅いんだからまだ気にしなくていいよ」
と言ってたんだけど、本人も
「まだ抜けない~、まだ抜けない~」
と気にしてて。
2か月ほど前から前歯の下の歯がグラグラし始て、すごく気になるようでやたら触ってた。
最近じゃもうぐらんぐらんで、後ろに永久歯もちょっと頭を出してる状態だし、今にも取れそうだったんだけど、今朝、怒られて大泣きした拍子にぽろっ。

大泣きしていたはずの杏も急に素に戻って
「あ、歯ぁ抜けた」
と。

怒っていた私もあまりのあっけなさに思わず大笑い。
意外と血も出ず(知り合いの子はタオルが真っ赤になるくらい出血したと言ってた)、あっさりしたもんでした。

もう既に下の2本目の歯もぐらぐらしてます。またそのうち抜けるんでしょう。
こうしてオトナの階段を上っていくのねぇ。



ところで杏が朝っぱらから怒られてた理由なんですが。

大体このヒト、朝5時半に目覚ましをかけてる。
朝は強いのでそれは構わないし、早起きはいいことだと思う。
けど、5時半に目覚ましをかけたのに、一瞬二度寝したか何かで5:35になるとメソメソ泣きながら起きてきて、
「5時半に起きれなくてごめんなさいぃ~~」
とぐずぐず。

そもそも、5時半に起きろなんて言ってないし!
それに、6時に起きれば十分間に合うんだから、目覚ましより5分遅れたくらいで泣く必要ないし!
大体、6時前に起きて、起きるのが遅いって怒ったこととかないじゃんか!

と、かなりイラッとくる。


何度、
「6時までに起きれば間に合うんだから泣かなくてもいいじゃん」
と言っても、先週から毎朝この調子。

ずっとぐずぐず言ってて、じゃあ抱っこすれば落ち着くのかと
「抱っこする?」
と言うと、
「抱っこしてたら余計時間なくなるじゃん」
と言うので、
「じゃあ着替えたら」
って言うと
「抱っこしてくれなきゃ泣くの止まらない」
と言うので、
「じゃあ抱っこするからおいで」
と言うと、
「おかーさん怒ってるから杏のこと抱っこしたくないんでしょ」
とか言う。

大体ここらで私がプチンと。


私だって朝は忙しいんだから、ずっとそんなぐずぐずに付き合ってられっかーーー!! (#ノー_ー)ノ彡┻━┻

ということで、怒られ、大泣きして、抱っこされて、(一応)落ち着く。
そうこうしてるうちに既に6時。

あー時間がもったいない。
ほんと勘弁してほしい。
[2011/11/21 06:13] | 杏のこと | トラックバック(1) | コメント(0) |
結婚の話
息子が急に
「ねぇねぇおかーさん、きいてきいて」
ナニゴトかと思ったら
「柊ねぇー、み○○ちゃんと、り○ちゃんと、る○ちゃんにけっこんしたいってゆわれた~ヤバイ~」
とニヤニヤ。

「けっこん」ってわかってんのか?もかなり微妙だけど、なんか照れるような話だってことはわかってるらしい。

“ウルトマラン”とかいってる3歳児がねぇ(笑)

ハテ。でも息子が好きなのはか○○ちゃんだったはず。2人は先生公認の両想いだったんでは?

「ねぇ、か○○ちゃんも柊と結婚するって言ってなかったっけ?」
と聞くと
「うーん、か○○ちゃんも好きだけどぉ、柊、み○○ちゃんがいいかなぁ」
だって。

「結婚」だなんて、なんだかイッチョマエなこと言うようになってきたなぁというのと、
そういうこと言いたいお年頃でカワイイなぁというのと。

もしかしたら一生で一番のモテ期かもしれないから(←!)、楽しんどいてくださいよ。



一方、娘。
こちらも最近結婚の話をしてました。

娘は3月末生まれのため、保育園で出席番号が最後(誕生日順)、
小学校に上がったら五十音順でやっぱり最後。そして今後多分ずっと出席番号は最後だろうという予想。

で、
「ウチねぇ、ずっとずっと番号最後って嫌なの。だからウチはあ○○た○○くんと結婚することにした!」

いやあの、そんな宣言されてもさ…
相手が結婚してくれるかわかんないじゃんか、とか
結婚する頃には出席番号なんて関係なくなってると思うよ、とか
そもそもその子の名前って今までほとんど出てきたことないけど、名前以外のとこ好きなん?とか
いろいろ突っ込みどころが…(^^;

つか、保育園の時から大好きなゆ○○くん(こちらも先生も友達も公認だった。で今も同じ小学校)は?と聞いたら、
「うーん、ゆ○○はなんか子供っぽいしー、いっつも女の子とばっかり遊んでる“オトメン”だから、もっと男の子っぽい子がいいんだよねー」
だって。
うっわー、イッチョマエ。

まー確かに、最近ゆ○○くんと一緒に遊んでるところを見ると、彼が
「杏ちゃーん、待ってぇ~~」
とまとわりつき、杏が
「ゆ○○は男の子たちと遊びなよー。女は女同士で遊ぶんだからっ」
と言って突き放してるような光景もあり。
あんまり(いやかなり)男の子っぽいとは言い難い…かも(笑)



そこでまた思ったのが息子のこと。
息子が一緒に遊んでると口に出すのは女の子のの名前ばかりで、杏に
「柊は男の子と遊ばないのー?」
と言われて、
「うん、柊は女の子が好きだもん」
とか言ってたっけ。

戦いごっことかよりおままごとが好きだし。
ゆ○○くんと似たタイプの“オトメン”か??
ということは、小学校になったら…

…ま、今後のお楽しみってことで。
[2011/11/09 05:52] | 姉弟 | トラックバック(0) | コメント(0) |
なんちゃってトレッキング
最近山登りがしたくって。

…といっても流行りの山ガールを気取りたいわけではなく、本格登山をしたいわけでもないんですが。

夏休みに御岳ロープウェイに行って、その時はただ遊びに行っただけだったんだけど、ロープウェイを降りたところで柊が「もっと上に行く」と登りだし、ロープウェイ終点(六合目)から七合目まで行ったんだけど、結構黙々と歩いて一人でどんどん行っちゃって。
あ、コイツなにかスイッチ入ったな、って感じ。

じゃあせっかくチビがやる気なうちに行ってみようか、ってことで足慣らしに五竜に行ってみました。

当日は、地元の人も「ここまでいい天気なのは珍しい」と言うほどのこんな晴天。
五竜1

ゴンドラに乗って上まで(山麓から歩く気はナシ(^^;)

ゴンドラを降りたあたりです。
五竜2
もうちょっと時期が早ければこの辺りはお花畑になっていて、いろんな花があるらしいけど、もう紅葉の時期なのでお花は終わっていました。

この辺りはそこそこ道も整備されていて、冬はスキー場になるところだから開けてるんだけど、もうちょっと上ると岩がごつごつしていて両側に木が生えているような、いわゆる山道になります。
柊は、平らな辺りを歩いているときは
「もうつかれたー、かえるー、おやつたべるー」
とかぶつぶつ言ってたのに、山道になってくると黙々と登りだしどんどん先に行ってしまう状態。
あ、やっぱスイッチ入った。って感じ(笑)
険しい道のほうが向いてるのかね。

こちら、とりあえず目的地の地蔵の頭(1676m)
五竜3

実質登ったのは、ゴンドラ降り場から標高差100mくらいですかね。
この先90分で小遠見山、6時間で五竜岳山頂に行けるようですが、チビがいたら所要時間通りにはいかないし、片道90分ってことは往復3時間てことで…まぁ、またの機会に。

帰り道は上ったのとは別の道から降りるんだけど、紅葉がホントちょうど良い時期でキレイでした。
五竜4

ゴンドラ駅まで戻り、往復1時間半。足慣らしとしてはまぁまぁいいとこじゃないでしょうか。
でも後日筋肉痛にもならなかったので、もうちょっと行けるかな。


五竜や隣の八方ではパラグライダーが盛んなようで、五竜で20(単位がわからん)、八方で40くらいのパラグライダーが飛んでいました。
タンデムでお試し飛行もできるらしく、あちこちにポスターもあり。
今回は無理だったけどこれはいつかやりたい、と思いました。
[2011/10/27 05:47] | トレッキング | トラックバック(0) | コメント(0) |
なぜ?どうして?がおがおぶー
一時の落ち込みモードから完全に復活した杏。
と、
数年続いたイヤイヤモードが(今度こそ本当に、と思いたい)だいぶ収まってきた柊。

最近、家の中がとても落ち着いた状態です。ありがたい。
ちょうど自分の仕事が忙しくなってきたんだけど、ある程度家の中が落ち着いてからでよかったよ。家の中がゴタゴタしてると集中しにくいし。


さて最近の柊。
柊が小さいころにいたずらをしないようにと、あちこちの引き出しにつけたチャイルドロックを全部かけてくれやがります。
それってさ、アナタが開けないようにロックするためのものなんだからもう今更不要でしょ?自分でロックして、自分でロック開けて勝手にモノ出すんだから。
私が出したいときにロックがかかってると面倒くさくてしょうがない。
でもこれ、¥100均で買った割には粘着力が強く、一度付けたら取れないような…もう用済だからそろそろ取りたいなー。

それから、元々よく喋る人だったけど更に更によく喋るようになりました。
起きてる間はひっきりなしに喋ってる感じ。
「ちょい、黙ってて」という頻度が増えてます。
でもたまに、車に乗ってて月が見えると
「お月様、ずーっとずーっとついてくるね。柊のことすきなのかなぁ」
とかカワイイことを言ったりします。この辺の発想がまだまだ3歳児だよなぁ。


一方杏。
ロープウェーに乗ったとき、雲の中に突っ込んだら
「雲ってきりのことだったんだ・・・綿菓子みたいにふわふわしてないんだね」
なんて発想はまだまだカワイイもん。

でもたまに無理難題な質問をされます。
例えば「ジュースの缶開けるところ(プルタブ)って、なんで丸いところを立てると飲むところが開くの?」
とか。
「それはテコの原理って言ってね・・・」と、しどろもどろ。
その後、プルタブを開けるときに開く瞬間を見たがるんだけど、プルタブを向こう向きに起こすのって結構難しいのね・・・

または、
「お水が溜まってるところに、上からお水がぽちょんて落ちてくると跳ね返るのはなんで?」
とか。
「お水はそーっと入ればお水の中に入れるけど、高いところから落ちるとお水も地面みたいに固くなって・・・」とかなんとかテキトーに答えてみたものの、合ってるかわからん(爆)

さらには、
「頭には髪の毛がいっぱい生えてるのに、耳のとこには生えてこないのはなんでかねー?」
とか。
これには「さぁ?なんでだろねー」としか答えられませんでした(^^;


でも「なぜ?どうして?」って疑問を持つことはすごい大事だと思うから邪険にはできないし、答えたことがそのまま杏の知識になってしまうかも、と思うとあんまりいい加減な返答もできない。
一緒に調べて回答を探すってスタンスで行くのがいいかな。

・・・・でもあんまり難しい質問されると困るなー(本音)
[2011/09/08 07:52] | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
1学期終了!
杏、1年生の1学期が終了しました~。

入学式から学校・学童・五月病チックなどいろいろあったけど、とりあえずひと段落。
最後の頃はもう朝も学校でも泣くこともなく、学童で頑張っていた一輪車にも乗れるようになって、上等でした。


それから初めての成績表。
本人は初めての成績表で特に何ってことはなかったみたいだけど、私のほうがワクワク。
昔のような厚紙一枚ってのじゃなくて、ファイルになってたのはびっくり。
それに今は、“こくご”一科目の中で6個とかの小項目があって、それぞれにA~Cが付けられているので、“こくご”の総合としてはどうなんだ?ってのがイマイチわかりづらい感はあるけど、まぁまぁまぁ。あんなもんでしょ。
でも1年生の1学期なんてみんなどんぐりの背比べ状態だと思うんだけど、その中であれだけの項目を、この子はこれができてる、この子はこれが苦手ってつけるんだから、先生も大変よねぇ。

何はともあれ、夏休みです。
夏休みも学童に行くことが多いけど、元気に楽しく過ごせますように☆
[2011/07/23 12:43] | 杏のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
引き続き…イヤイヤ期
柊の反抗期がひどくてねぇ。
昨年度はガッツリイヤイヤ期だったんだけど、一時、年少さんになったばかりの頃に急におりこうになって(一週間くらい)、でも行きつ戻りつはあるだろうと思ってたんだけど、ここまで戻るんか、って感じ。

うちは旦那の勤務帯によって私が保育園に送っていったり、旦那が送って行ったりなんだけど、私が行く日に、
「おとーさんと行きたい」
とぎゃあぎゃあ泣き、旦那が行く日に、
「おとーさんイヤ。おかーさんと行く」
と泣きわめく。
TVのアンパンマンを見たいというから
「今日はアンパンマンじゃなくてドラえもんやってるからドラえもんにしよう」
と言うと、
「ドラえもん見ない、アンパンマンも見ない。もう何にもTV見ないっ」
とおもちゃを手当たり次第投げ散らかす。
一度スイッチが入っちゃうと多分本人もワケワカンナクなってるんだろうけど、言ってることは支離滅裂だしこっちの言うことも全く聞こうとしないし、わめくだけでなく暴れるし、物を投げるし、もう本当にどうしようもない。

子供の反抗期って2段階あって、最初は自分の言いたいことがうまく言えなくて「キーっ!」ってなってて、その次は口が達者になってきて口ばっかエッラソーなことを言う時期がある。
杏も柊もそこは順当に経て、だから柊の2回目の反抗期の時も「あー杏もこういう時期あったよね」とか思っていられたけど、まだその次があるとは想定してなくて、さらにそれがまたパワーアップするとは思ってなかった。

柊がぎゃあぎゃあ言い出すと杏が耳を塞いで「柊ウルサイー、もうやめてー。杏その声聞くとイヤなんだよー」って縮こまってるときもあって、娘が不安定になったのは学校のことプラスこいつのせいもある程度あるんじゃないか、って感じ。

機嫌がいい時は杏とも仲がいいし、可愛いと思えるんだけどねぇ。
あと何ヶ月続くんだろう、この反抗…もう疲れた。
[2011/06/13 05:21] | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
珍獣育成日記


上が女の子、下が男の子。お出かけ大好き家族です♪

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

おーみ

Author:おーみ
珍獣1: 杏
    2005.3生まれ
    女児 B型 
    面倒見のいいお姉ちゃん
珍獣2: 柊
    2008.1生まれ
    男児 B型
    イヤイヤ期真っ盛りのワガママボーズ

いくつになったの


最近の記事

カテゴリー一覧

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。